スーパーコピーブランド通販
現在位置: ホーム > ブランド紹介 > カリブル ドゥ カルティエコピーの魅力。その根源を探る
カリブル ドゥ カルティエコピーの魅力。その根源を探る
スーパーブランドコピー人気店 / 2015-02-08

2010年のジュネーブ・サロン(SIHH)で発表され、大きな話題となった「カリブル ドゥ カルティエ(CALIBRE DE CARTIER)」。それはカルティエ初のメンズ・ウォッチ専用コレクションの誕生だ。 

  宝石商から始まったカルティエではあるが、その腕時計の歴史をひもとけば、男性用腕時計のメゾンとしての一面をも垣間見ることができる。1904年に製作された「サントス」は、ブラジル人飛行家アルベルト・サントス・デュモンのために作られたものであった。つまり、カルティエにおける腕時計は、メンズ・ウォッチから本格的に始まったと言っても過言ではないのだ。その意味からも「カリブル ドゥ カルティエ」とは、カルティエの正統を継承すると同時に、まったく新しいメンズ・ウォッチのコレクションの誕生とも呼べる。 

  また、非常に興味深いのは「カリブル」という名称である。ここには搭載されるムーブメント(キャリバー)が、カルティエによる完全自社開発であるという意味が込められている。つまり、この名前は本格マニュファクチュール(自社一貫生産メーカー)として、メンズ・ウォッチの歴史に新たな一ページを刻もうというカルティエの決意表明なのだ。 

  それを裏付けるのが、カルティエ マニュファクチュールで製造されるCal.1904 PS MCというキャリバー番号だ。“1904”とは、先ほども紹介した通り、「サントス」の誕生の年。つまり、このキャリバー番号はカルティエが初の男性用腕時計を製作した事へのオマージュとも呼べるだろう。 

  そして2011年のジュネーブ・サロン(SIHH)では、このコレクションに待望のメタル・ブレスレットのモデルが新たに登場。それが「カリブル ドゥ カルティエ ステンレス スティール」。マッシブなケースと絶妙のマッチングを見せる新型ブレスレットを装備したこの新モデルの魅力とは、一体、どこにあるのだろうか?




このページの上部へ