スーパーコピーブランド通販
現在位置: ホーム > ブランド紹介 > ロレックス主要な製品
ロレックス主要な製品
スーパーブランドコピー人気店 / 2015-01-27

ドレス系オイスターモデル[編集]

バブルバック (Bubble Back) 自動巻の機械にはローターがあるため、その草創期かなり厚さがあり、ぷっくりと泡状に膨らんだ形状の裏蓋を使用して収納しており、その形状からこう呼ばれていた。1930年代から1950年代の製品がこれに当てはまり、後には膨らみが小さくなったセミバブル形状になり、1960年代になると消滅した。カバード バブルバックのベルト取り付け部をカバーしたモデルの俗称。フーデット、スカーデットとも称する。バイスロイ (Viceroy) 特徴的なケース形状のモデル。プレシジョン (Precision) 英語で「精密」の意味だが特に高精度の機械を搭載しているわけではない。ロレックスの場合、クロノメーターを取得していないモデルの場合にこの言葉を文字盤に記載する例があった。エアキング (Air-King) 時針分針秒針の三針式、直径34mm、ノンデイトで最もシンプルなモデル。長らくノンクロノメーターで廉価版モデルの位置づけであったが、現行モデルは全ての製品がクロノメーターの認定を受けている。ペットネームとしては1940年代から続く現在のロレックス最古のモデルで、ケースに素材にステンレスを用いているため、同社の製品の中でもっとも廉価なものである。エアキングデイト (Air-King Date) エアキングにカレンダーを装備したモデル。1950年代後半から1970年代頃迄販売されたが極めて数が少ない。オイスター・パーペチュアル・デイト (Oyster Perpetual Date ) 1945年発売。三針式、直径34mmで、3時の位置に日付のあるモデル。前出のエアキングのデイト付に相当する。風防に日付を拡大するためのサイクロプスレンズがついている。現行モデルでは全ての製品がクロノメーターの認定を受けている。同様に日付を搭載するデイトジャストとの違いは、本来深夜12時を回ると瞬時に日付が変わる機構を搭載しているか否かによるものであったが、1970年代からデイトジャストと同様のキャリバーを搭載しているため、両者の違いはケースの大きさだけになった。ケースには主にステンレスが用いられるが、一部に貴金属を用いたモデルがある。オイスター・パーペチュアル (Oyster Perpetual

三針式、直径36mm。日付機能なし。後述のデイトジャストの日付なしモデルに相当する。現行モデルは全ての製品がクロノメーターの認定を受けている。

このページの上部へ